Apple、iTunes 12.6.0.100 リリース。12.6.0.95のバグ修正対応版で12.6の再リリース

iTunesロゴ

iTunesロゴ


どうも一部で音楽関連の挙動がおかしいなどの報告があったようで、その対応版がリリースされています。
また、再リリースされた理由がWWDCがらみの新機能実装であるなど、憶測を呼んでいますが、真相は分かっていません。

12.6にアップされていても、末尾が95なら再度アップデートが必要です。

12.5からは17件の脆弱性が修正されています。

Apple-iTunesダウンロード

http://www.apple.com/jp/itunes/download/

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, Mac, macOS, OS X, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , | コメントする

Apple、iTunes 12.6.0.95 配信開始。iOS 10.3 へ対応とバグ修正

iTunesロゴ

iTunesロゴ


題名の通り、iOS10.3向けのiTunesが本日リリースされました。
特にこれといって新しい機能はありませんが、動作に支障はないので
アップデート推奨です。

CVEベースで17件の脆弱性に対応しています。

Apple-iTunesダウンロード

http://www.apple.com/jp/itunes/download/

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, Mac, macOS, OS X, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , | コメントする

Microsoft、Windows 10 向け緊急パッチKB4015438配信開始。KB4013429で起こるエラー等の修正

Windows10

Windows10


パッチだらけで大変でございます。
前回の累積更新でおかしくなった方は入れ直すと良くなる可能性大です。

Windows Update History(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4015438
これでOS Build は 14393.969 になります。

インストールには非常に時間がかかります。
早いマシンでも5分は待つので、じっくりととりかかりましょう。

WindowsUpdateカタログ(単独インストール用):
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4015438
失敗する場合は、これらを端末OS別で導入しましょう。

これで次はCreators Updateかと思うとうんざりします。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , | コメントする

ESET、Windows 10 Creators Update 対応の別バージョンを用意。以前のバージョンだとエラーになる恐れ

ESETロゴ

ESETロゴ


ESETは前回のRedStoneアップデートで見事に引っかかりアップデート失敗の原因の1つになっていましたので、今回は前もってアップデートを用意してきています。
流石に問い合わせが多かったようで、日本代理店も考えを改めてくれたようです。

アップデートのFAQ:
http://eset-support.canon-its.jp/faq/show/3276

現行のクライアントを入れ替えろという指示も凄いんですが、機能も変わるという謎仕様です。
しばらく本体のアップデートをしていない方は、以下に入れ替えましょう。
アンインストールしてから、新規に別クライアントをインストールする手順です。

インストールの手順:
https://eset-info.canon-its.jp/support/setup/howto_setup2_eis_v100.html

Windows 7/8.1 環境の方はいまのままでも問題ありません。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , | コメントする

FireFox 52.0.1 リリース。危険度「最高」の脆弱性を修正、スマートフォン版も同時に更新

firefoxロゴ

firefoxロゴ


良くあるメジャーアップ後の脆弱性対応で、危険度が高いので早急な対応が望まれます。

リリースノート:
https://www.mozilla.jp/firefox/52.0.1/releasenotes/

セキュリティアドバイザリ:
http://www.mozilla-japan.org/security/known-vulnerabilities/firefox.html#firefox52.0.1

詳細:
http://www.mozilla-japan.org/security/announce/2017/mfsa2017-08.html

実験的実装だったAPIに致命的な脆弱性があったため、いったん廃止するとのことです。

その他はバグ修正などもなく、脆弱性へ対応したのみです。





カテゴリー: Android, Mac, macOS, Microsoft, OS X, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , | コメントする

Google Chrome 57.0.2987.110 配信開始。バグ修正等のメンテナンスリリース

GoogleChrome

GoogleChrome


このあいだメジャーアップしたバージョン57のアップデータが早くも配信開始です。

バグトラッカー(英語):
https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/list

リリースノート(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2017/03/stable-channel-update-for-desktop_16.html

深刻な脆弱性への対応などは特にないので、少し様子を見てもいいと思います。

現場からは以上です。





カテゴリー: Google, Mac, macOS, Microsoft, OS X, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , | コメントする

Galaxy S7 edge SC-02H に Android 7.0 アップデート配信開始。サイズは1.7GBでセキュリティパッチレベルは3月1日に

Galaxy S7 edge SC-02H

Galaxy S7 edge SC-02H


というわけでauに引き続き早めのアップデータが配信開始されました。
Android 6.0.1からAndroid 7.0 (ビルドNRD90M)へのアップデートです。
サイズは1743MBと非常に大きいので、出先でやらずWiFi環境でやることをおすすめします。

ソース:
https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product_update/list/sc02h/20170316.html

セキュリティパッチレベル
2017年3月1日

アップデート前ビルド番号
MMB29M.SC02HOMU1APD6、MMB29M.SC02HOMU1APH4、MMB29M.SC02HOMU1APL2

アップデート後ビルド番号
NRD90M.SC02HOMU1BQC4

各機能の追加は上記をご覧頂くとして、3月までの新しいパッチを当てて来たのは素晴らしいですね。

追加機能で戸惑うのは、システム系UIの刷新、デフォルトの解像度をFHDに変更、各種システム系アイコンの修正ですね。特にキャリアアグリゲーションに対応しているので、アンテナピクトが4G+になったのが一番の変更点かもしれません。

実際使って見ると、最適化モードだと挙動も相当軽くなりますので、デフォルトでパフォーマンスモードは「最適化(推奨)」が良いと思います。
状況に応じてHD、FHD、WQHDから解像度は自由に選べますし再起動などは必要ありません。

7.0系からゲーム系アプリで動作不良が増えますのでご注意ください。
デレステは確実に音ズレします。

・体感面での改善
指紋認証の高速化(第2世代Touch ID並)
アニメーションの高速化(とてもヌルヌルレスポンス)
edge部分の誤爆防止機能の強化(変な反応をしなくなった)
端末のメンテナンス機能の強化(スマートなんとかより良い)

また何かありましたら追加します。





カテゴリー: Android, docomo, Google, アップデート, ガジェット関連 | タグ: , , , , , | コメントする

本日はWindowsUpdateの日!2ヶ月ぶりの定例パッチ KB4013429、KB4013418、Silverlightの更新もあるよ!

Windows10

Windows10


そんなわけで恒例のWindowsUpdateです。
Windowsは2月分のパッチが不具合で配信されず、2ヶ月ぶりとなります。
Windows 10 だとFlashの更新も入るので6つほどにまとめたパッチが配信されます。

OS Build 14393.953 リリースノート(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4013429

Microsoft Security Bulletin(英語):
https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms17-mar.aspx#ExploitabilityIndex

合計で18件の脆弱性に対応しています(Flash含む)。

修正された脆弱性がむちゃくちゃ多いのと、特にバグらしいバグの報告がないので
さくっとパッチを当てた方が無難かと思います。
各種環境でアップデートしましたが、Windows 10環境で再起動時にやや時間がかかったのを除けば、概ね問題なしと思います。

現場からは以上です。





カテゴリー: Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , | コメントする

Adobe Flash Player 25.0.0.127、Airランタイム 25.0.0.134 配信開始。定例アップデートでAirはスマホ版も対象

FlashPlayer

FlashPlayer


メジャーバージョンアップして、いずれもバージョン25になりました。
当然ですが脆弱性が塞がれているのでアップデート推奨です。

Adobe Flash Playerダウンロードページ
https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

Adobe Airダウンロードページ
https://get.adobe.com/jp/air/

今回は少し早めの公開ですね。
スマートフォン版も更新されているので、確認してみてください。





カテゴリー: Android, Apple, Mac, macOS, Microsoft, OS X, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , , | コメントする

ロジクール Unifying レシーバのファームウェア更新でほぼ回避できる「MouseJack」、さらにアップデートで対策される

Logicool

Logicool


昨年から更新データはあったようなのですが、普段USBドングルなんて見直ししないので気付いておりませんでした。

以前、「MouseJack」と呼ばれる無線傍受でキーストロークやマウスの動きまで盗み取られる脆弱性が発見されたことは記憶にあるかと思います。
参照記事:ワイヤレスキーボードやマウスの脆弱性「MouseJack」のアップデータを当ててみました(Unifying)
http://doyagao.staba.jp/archives/1102

現在はこのときよりさらに新しいファームウェアが別の場所にアップされているので、それぞれ頭のファームウェア番号が同じデータを以下よりダウンロードします。
012.00X.000XXの場合:RQR_012_007_00029.exe
http://chilp.it/3465237
024.00X.000XXの場合:RQR_024_005_00029.exe
http://chilp.it/d49ff27

ファームウェアをダウンロードしたら、exeファイルを実行しながらUnyfingの詳細ボタンからファームウェアアップデートを行うと、DFUモードでレシーバがアップデートされます。
そして当然ながらこの実行ファイルはWindowsでしか動きません。
Macで使っている方は仮想環境などで実行してファームアップしないとダメです。

unifyingアップデート

unifyingアップデート

DFCON等のクラックコンテストでは、このファームウェアですら一部突破されるようなことも書いてありますが、自衛策では現状これ以上は無理なので、いやならキーボードだけ有線に戻すなどの物理的対策が必要です。

SetPoint等、他のソフトウェアでの更新方法等は、以下に英文でまとまっています。
https://community.logitech.com/s/question/0D531000055gw8YCAQ/logitech-response-to-unifying-receiver-research-findings

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, BootCamp, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , , , | コメントする