遅ればせながら「Galaxy S7 edge SC-02H」を購入して3日経ちましたので料金的なアレを振り返ってみました。

Galaxy S7 edge SC-02H

Galaxy S7 edge SC-02H


5.5インチ端末が3台になりましたが、それらと比較しても5.5インチとは思えない小ささとミッシリ感、脅威の薄さにバッテリーがiPhoneの2倍積んであるスーパーハイエンド端末in 2016のご紹介(主に料金的な)です。

家電量販店だと一括で買えば満額でポイントが付きますが、だいたいそう言うところは頭金という名目で3240円取られた挙げ句、色々な指定サービスに入らないといけません。
合計金額が税込で9万7200円となる高額端末です。
1万円弱ポイントがゲットできるので、多少の困難は乗り越えましょう。
一応、入れられたサービスを以下に列挙します。
(都内のヤマダ電機です)

おすすめパック(https://www.nttdocomo.co.jp/service/servicepack/)540円
「スゴ得コンテンツ」
「iコンシェル」
「クラウド容量オプション プラス50GB」

あんしんパック(https://www.nttdocomo.co.jp/service/servicepack/)777円
「ケータイ補償サービス」
「あんしん遠隔サポート」
「あんしんネットセキュリティ」

dTV(http://pc.video.dmkt-sp.jp/)540円

タブホ(http://www.optim.co.jp/tabuho/)500円
掲載雑誌が読み放題

dヘルスケアパック(https://www.nttdocomo.co.jp/service/dmarket/healthcare/)540円
「12種類のスポーツ関連アプリが使える」

上記を契約しっぱなしにすると、31日後に税込2897円の料金が発生します。
540+777+540+500+540=2897(タブホのみ24時間以内に解約しないと500円の料金発生)
ただ、端末の故障に関する「あんしんパック」については、端末が故障しても全損しても最大で7500円しかかからず交換できるので、2年裸で使う方は入ったままのほうがよいのではと思います。

料金プランは色々あると思いますが、ドコモ回線で音声付きを選んだのであれば、ほとんどの方がカケホライトにデータMというセットかと思います。

●新規一括契約の場合
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ):1836円
データMパック:5400円
spモード:324円
月々割:-1215円
合計:6345円

学割やデータM未満の契約だと割引きが変わってきますが、一括でも維持費が結構します。
月々割がauの半額ぐらいになってますので当然ですが…。

さて、料金の話はこれぐらいにして、次はレポートをしたいと思います。
1日しか使わずにレポートするような機種ではないので、じっくりやりますね。





カテゴリー: Android, docomo, Google, ガジェット関連 タグ: , , パーマリンク

遅ればせながら「Galaxy S7 edge SC-02H」を購入して3日経ちましたので料金的なアレを振り返ってみました。 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: S7 edge と NEXUS6P と iPhone 6s Plus のカメラ画質比較(食事編) | 今夜スタバでドヤ顔を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です