SoftBank版NEXUS6PをSIMロック解除してみましたので、ポイントをご紹介します。

契約後6ヶ月をとっくに過ぎていたので、サクっとSIMフリー機にしてみました。
尚、SoftBankの規約では、購入日を含めて181日目以降、SIMロック解除が可能です。
購入日が分かれば、以下のサイトで計算が可能です。逆に今日の日付から逆算もできます。
http://calc-site.com/dates/calc_date

さっそくSIMロック解除処理に入ります。

まずは普通にMySoftbankにログインしても項目がトップページに無いので直接リンクを張ります。
http://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/
ココのページのMySoftbankからログインすれば、いきなり次のSIMロック解除ページに飛びます。
(料金プラン/オプションプランの変更→左カラムの関連情報という項目にリンクはあります)

SIMロック解除受け付け開始

SIMロック解除受け付け開始

Androidの場合、iPhoneと異なりSIMロックには他社、もしくは別契約のSoftBank USIMカードが必要になります。
NEXUS6PのSIMはこの機種専用のSIMなので、SoftBankの別契約SIMでも問題ありません。
詳しくは解説ページがあるので、以下を参照ください。
http://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/setting/
回線契約のない灰SIMでも行けるはずですが、試していないので自己責任でお願いします。

この最初の画像のページの一番下にIMEI番号(15桁の数字のみ)を入力する欄がありますので、自身の端末のIMEIを入れて、次をクリックします。
設定→端末情報→端末の状態→SIMのステータスの下から2番目に書いてあります。一番したはチェックデジットなので無視してください。IMEIだけでいいです。15桁です。
もしくはダイヤルパッドで*#06#と入力し通話ボタンを押すとポップアップが出て来ます。

そうすると、確認の画面が出て来ます。

SIMロック解除受け付け確認

SIMロック解除受け付け確認

間違いは特にないはずなので、そのまま「解除手続きをする」をクリックすると、以下の画面に遷移します。
(181日経過していない場合はこれ以前にエラーになります)

SIMロック解除受け付け完了

SIMロック解除受け付け完了

これでSIMロック解除コードが発行されました。
早速、Androidでは恒例のSIMロック解除儀式に移ります。

Androidで自分だけでSIMロックを解除する場合、必ず他社のSIMカードが必要になります。
私の場合はドコモのnanoSIMが2枚あったので、通常契約のSIMを使いました。

で、NEXUS6Pの電源を切って、SIMをドコモのものに入れ替え、再度電源をオンにすると以下の画面が出て来ます。

SIMネットワークのロック解除PIN要求

SIMネットワークのロック解除PIN要求


ここの入力画面で自動でテンキーと一部の記号が入力できるパッドが出て来ますので、それを使って、先ほどの解除キーを入力します。

ここがネックとなりました。実は解除キーって数字だけでいいんです。

ネットワークロックを解除できませんでした。

ネットワークロックを解除できませんでした。


ようは、さっきの解除キーにある「-」ハイフンは入力の必要がないんです。
数字だけ、表示されている数字だけを入力してください。
解除キーの画面にはハイフンが3つあったり途中にも入っていたりしますが、これは無視して数字だけSIMロック解除コードとして入力すると、以下のようになります。
管理人はこれで10回ぐらいエラーになってキレかけました。

ネットワークロックを解除しました。

ネットワークロックを解除しました。

このまま放置していると通常起動して電源オフ前のホームに移動し、ドコモのnanoSIMをそのまんま入れていると、普通にアンテナピクトが立ち、SoftBankだと4G表記のところがドコモのSIMだとLTE表記になり、データ通信、通話とも当然ですができました。

ちなみに、NEXUS6Pはグローバル機なので、ドコモでも結構普通に使えます。
対応バンドはLTE:1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20/28/38/39/40/41
と、かなり広いですので、特に格安SIMの音声付きでも問題無く利用可能になっています。

尚、総務省の省令により、SIMロック解除したことにより消費者にデメリットのないよう指示が出されていますので、ロックを解除しても月々割などのサービス関連になんら不都合は出ないようになっています。
SIMフリー状態のまま今のSIMを差して使っていても今までと何も変わりません。
勝手に何かが解約されたり違約金などが発生することは、SIMロック解除では起こりません。
月々の料金も、ロック解除前とロック解除後で変更はありません。従来の契約が続くだけです。これなら安心してSIMロック解除ができますね。

これにてSIMロック解除の完了、SIMフリー機の爆誕でございます。
SoftBankからどこかの格安SIMへMNPの予定ですので、またレポートします。





カテゴリー: Android, docomo, Google, MVNO, SoftBank, ガジェット関連 タグ: , , , パーマリンク

SoftBank版NEXUS6PをSIMロック解除してみましたので、ポイントをご紹介します。 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 携帯事業者各社のSIMロック解除手続きのまとめ | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です