FireFox 51.0.1 配信開始。致命的な脆弱性4件を含むバグ修正。Chrome同様にログインページが非SSLの場合警告画出るように

firefoxロゴ

firefoxロゴ


というわけでChromeに続きいきなり51.0.1と修正バージョンが来ているFireFoxです。
51.0が24日にリリースされていましたが、Windows版の位置情報取得などができないバグのため急遽51.0.1が配信されることになったようです。

リリースノートはこちら(英語):
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/51.0/releasenotes/
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/51.0.1/releasenotes/

セキュリティ情報はこちら(英語):
https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2017-01/

FLACの再生がブラウザで出来るようになったのも面白いところですが、あくまでFireFox限定機能っぽいのが残念です。

現場からは以上です。






カテゴリー: Mac, macOS, OS X, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です