Windows 10 バージョン 1511 用の更新プログラム (KB3122947)のインストールが相変わらず失敗する件

マイクロソフト大丈夫か

マイクロソフト大丈夫か


以前、「Windows 10 KB3122947 更新が失敗しエラー 0x80070643 が出る場合の対処法」をご紹介しましたが、今日の更新でも修正がかかっていませんでした。
マイクロソフトさんどういうことなの。




ということで、DISMコマンドで無理矢理突っ込む方法をもう1回簡単にご紹介します。
32bit版Windows10の場合
管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、以下をコピペして実行。
dism /online /add-package /packagepath:C:¥Windows¥SoftwareDistribution¥Download
¥b0a5da1b24245bc4237166e09bae92da¥windows10.0-kb3122947-x86.cab
64bit版Windows10の場合
管理者権限でコマンドプロンプトを(以下略
dism /online /add-package /packagepath:C:¥Windows¥SoftwareDistribution
¥Download¥c4a1b8896ce9fbfea96c1ee6890d52a5¥windows10.0-kb3122947-x64.cab
これで消えるはずです。

ダメな場合は再起動してもう1回トライ!!
それでもだめなら、以下のコマンドを管理者権限で実行します。これは検証が完了するまで10分以上かかります。
sfc /scannow
一部のファイルが破損してるとかのメッセージが出ますが、この後に上記のdismコマンドを実行すると100%まできちんと実行されるはずです。終わるとちゃんとエラー表示が消えます。以上!!

カテゴリー: Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です