Apple、iOS/macOS向け Pages、Numbers、Keynote 配信。新規ライブラリや自動修正オプションなどの追加

iWorkシリーズ画像

iWorkシリーズ画像


久しぶりにメジャーバージョンアップ的なものが来ました。
バージョン番号はiOS版が全て統一され3.2に、macOS版だとPagesが6.2、Numbersが4.2、Keynoteが7.2なっています。

○更新情報

Pages
・プロが描画した図形を500以上含むライブラリを活用して書類をより美しく
・コメントに返信してスレッド形式の会話に参加
・リンクされたテキストボックスを追加すると、テキストボックス間でテキストがスムーズに移動
・新しい自動修正オプションおよびテキスト置換オプションにより、入力にかかる時間を短縮
・新しいページサムネール表示で書類内を簡単に移動
・固定レイアウト型のePubブックとして書類を書き出し
・共同制作中でも余白、ヘッダ、フッタ、用紙サイズを変更

Numbers
・プロが描画した図形を500以上含むライブラリを活用してスプレッドシートをより美しく
・コメントに返信してスレッド形式の会話に参加
・共同制作のスプレッドシートでプリントプレビューをサポート
・新しい自動修正オプションおよびテキスト置換オプションにより、入力にかかる時間を短縮
・”株価を挿入”機能、Stock関数、Currency関数で、前日市場の取引終了時点のデータを取得

Keynote
・プロが描画した図形を500以上含むライブラリを活用してプレゼンテーションをより美しく
・コメントに返信してスレッド形式の会話に参加
・新しいライトテーブル表示でスライドを簡単に並べ替え
・スライドの表示中に発信者ノートを編集
・新しい自動修正オプションおよびテキスト置換オプションにより、入力にかかる時間を短縮
・ヘブライ語とアラビア語のサポートを向上

アップルサポートページ(英語):
https://support.apple.com/en-us/HT201222

High Sierraへ向けたアップデートと思って良いのでしょうか。
かなりの新機能が追加されて独自路線を突っ走っています。

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, Mac, macOS, OS X, アップデート タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です