Oracle、Java SE及びJDK update 141 配信開始。3ヶ月ごとの定例アップデートでバグ・32件の脆弱性を修正

Javaロゴ

Javaロゴ


お馴染みJavaランタイムのCPU(クリティカルパッチアップデート)です。
3ヶ月に一度メンテされて、バグ修正と脆弱性へ対応されます。

Oracle Critical Patch Update(英語):
http://www.oracle.com/technetwork/security-advisory/cpujul2017-3236622.html#AppendixJAVA
修正内容が32件分記載されており、特に重要度の高いもの、リモート乗っ取り系もあります。

JDKダウンロード(英語):
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

いまJavaランタイムを入れる方はほぼ開発者系かAndroidのsideload用かと思いますので、JDKのみのご紹介をさせて頂いています。

現場からは以上です。






カテゴリー: Android, Mac, macOS, Microsoft, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です