Adobe、Acrobat 2015/2017、DC / Reader DC に対してロールバックされていたバグと脆弱性を修正するパッチの配布を開始

Adobe_Acrobat

Adobe_Acrobat


対象バージョンはやや複雑で、2015年版と2017年版のAcrobat系とDCシリーズです。
セキュリティアップデートが継続中のAcrobat XI等にはアップデートの配信はありません。

影響を受けるバージョン番号:
2017.012.20093
2017.011.30059
2015.006.30352

パッチ適用後のバージョン番号:
2017.012.20098
2017.011.30066
2015.006.30355

リリース(英語):
https://blogs.adobe.com/psirt/?p=1484

Adobeってやる気あるんですかね…?
バグと脆弱性が復活してたのを3週間放置してたわけで…。

現場からは以上です。





カテゴリー: Mac, macOS, OS X, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です