Apple、iOS 11.0 正式公開。macOS側にもSafari 11.0 、iWorkアップデート、Xcode 9 配信開始

iOS11

iOS11


予告通り、日本時間9月20日午前2時(アメリカ時間で9月19日)、OTAアップデートを含む全てのアップデートが可能となりました。
その他、watchOS 4.0 も正式版がリリースされています。

Apple Security Update(英語):
https://support.apple.com/en-us/HT201222

About the security content of iOS 11(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT208112
CVEベースで合計8個の脆弱性が修正されています。

About the security content of Safari 11(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT208116
CVEベースで合計3個の脆弱性が修正されています。

About the security content of Xcode 9(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT208103
CVEベースで合計7個の脆弱性が修正されています。

上記以外の詳細は後日提供されるとのことです。

iOS更新サイズ:1.8GB~2.6GB(機種依存)

iOSアップデート時間:20分前後(機種依存)

iOSビルド番号:15A372(全機種共通)

今回はiTunes経由とOTA両方とも試しましたが、動作がおかしくなるようなことはありませんでした。
また、キャリア設定ソフトウェアも29.0以降にアップデートされています。

キャリア設定ソフトウェア

docomo
iPhone 29.0
https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/support/guide/update/check/
iPad 29.0
https://www.nttdocomo.co.jp/ipad/support/guide/update/check/index.html

au
iPhone 29.1
iPad 29.0
https://www.au.com/support/faq/included/id69935682/
サイトにはiPhoneの機種によってバージョンが異なるような書き方がされていますが、29.1で統一です。

SoftBank
iPhone 29.0
iPad 29.0
http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=75201&id=75201
(まだWEB側に反映されていない模様)

端末容量がかなり増加すること、アップデート後はインデックス作成やその他の画像関連ライブラリ情報更新作業が入るため、少し重くなり、また若干の発熱がありますが、そのまま放置していれば問題ありません。
当方環境にて、256GBモデルで20GBほど空き容量が増えました。

リリース全文:

iOS11では、iPhoneとiPadに、まったく新しいApp Store、よりインテリジェントに提案をするようになったSiri、”カメラ“および”写真“のさらなる改善、またあたかも実体験のように感じることができる拡張現実(AR)機能などの、パワフルな多数の新機能が追加されました。また、iOS11はiPadで史上最大のリリースです。新しいマルチタスキング機能、新しい”ファイル“App、および新しいApple Pencilの使い方などが追加されました。

「App Store」
素晴らしいAppやゲームをいつでも見つけやすいように、全面的に新しくデザインされたApp Store
“Today”タブで、エディターチームによるストーリーや、ハウツーの記事などにより、新しいAppやゲームをより簡単に見つけることが可能
“ゲーム”タブで、新しいゲームを探したり、ランキングによって今どれぐらい人気があるのかを知ることが可能
専用の“App”タブで、おすすめ、ランキング、カテゴリの情報を見ることが可能
“App”ページにはより多くのビデオプレビューおよび“エディターのおすすめ”バッジが追加され、より簡単にユーザ評価とレビューやApp内課金情報を知ることが可能

「Siri」
より自然で表現力が豊かになった新しいSiriの声
英語の単語や語句を中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に翻訳可能(ベータ版)
Safari、News、メール、メッセージの使用状況に基づいてSiriから提案をする機能
“メモ” Appと連係して、To-Doリスト、メモ、リマインダーの作成が可能
銀行取引用のAppと連係して、口座振替や残高処理が可能
QRコードの表示が可能なAppと連係が可能
ヒンディー語および上海語の音声入力を追加

「カメラ」
“ポートレート”モードに、光学手ぶれ補正、HDR、True Toneフラッシュの対応を追加
新しいHEIFおよびHEVCフォーマットにより、写真とビデオのファイルサイズをほぼ半分に削減
より自然な肌のトーンになるように再設計された新しい9つのフィルタ
QRコードを自動的に認識してスキャンすることが可能

「写真」
Live Photosに“ループ”、“バウンス”、“長時間露光”のエフェクトを追加
Live Photosで、音を消したり、トリミングしたり、キー写真を選んだりすることが可能
“メモリームービー”はコンテンツを縦向きおよび横向きに自動的に適応
ペット、赤ちゃん、ウェディング、スポーツイベントなどの十数個以上の新しいメモリーが追加
“ピープル”アルバムはより正確になり、またiCloudフォトライブラリによりデバイス間で常に同期させることが可能
アニメーションGIFに対応

「マップ」
主要な空港およびショッピングセンターの屋内地図に対応
ターンバイターン経路で、車線案内および制限速度情報に対応
ダブルタップおよびスワイプにより、片手でズームが可能
デバイスを動かしてFlyoverを操作することが可能

「運転中の通知を停止」
運転中であることを認識して自動的に通知を停止し、iPhoneの画面を暗くして音が鳴らないようにする機能を追加
運転中であることを、知らせたい連絡先にのみ自動的にiMessageで伝えることができる機能を追加

「iPad用の新機能」
新しいDockは、よく使う項目や最近使った項目にどの画面からでもアクセス可能になり、現在使用中のAppの前面に表示することも可能
Dockは自動的にサイズ変更し、よく使うAppをすべて追加することが可能
最近使った項目およびContinuityのAppはDockの右側に表示

「拡張されたSlide OverとSplit View」
Dockから簡単にAppをSlide OverやSplit Viewに開くことが可能
Slide OverとバックグラウンドAppの同時作動に対応
Slide OverおよびSplit Viewに開いたAppを画面の左側に配置することが可能

「ドラッグ&ドロップ」
iPad上でテキスト、写真、ファイルをApp間で移動可能
Multi-Touchで複数の項目を一度に移動可能
スプリングローディングでコンテンツをApp間で移動可能

「マークアップ」
書類、PDF、Webページ、写真などの間でマークアップを使用可能
インスタントマークアップ – Apple Pencilを注釈を入れたいところに置くだけで書き始めることが可能
PDFを作成し、プリント可能なものすべてにマークアップすることが可能

「メモ」
Apple Pencilでロック画面をタップして素早く新規メモを作成可能
Apple Pencilをメモの本文のどこかに置くだけでインライン描画を始めることが可能
手書き文字の検索が可能(英語と中国語のみ)
ドキュメントスキャナ機能は書類の傾きを自動補正し、イメージフィルタを使用して影を削除
情報を整理して表示できるように表機能に対応
重要なメモをリストの一番上にピンで固定することが可能

「ファイル」
ファイルをブラウズ、検索、整理するためのまったく新しい“ファイル” Appを追加
iCloud Driveおよび他社製のクラウドストレージサービスと連係が可能
“最近使った項目”タブで、Appやクラウドサービス間を通して最近使用したファイルを見ることが可能
フォルダの作成や、名前、日時、サイズ、タグでファイルの並べ替えが可能

「QuickType」
iPadで、キーを下にフリックして数字、記号、句読点を入力することが可能
iPhoneで、片手用キーボードに対応
アルメニア語、アゼルバイジャン語、ベラルーシ語、ジョージア語、アイルランド語、カンナダ語、マラヤーラム語、マオリ語、オリヤー語、スワヒリ語、ウェールズ語のキーボードを追加
10キー拼音キーボードでの英語入力に対応
日本語ローマ字キーボードでの英語入力に対応

「HomeKit」
AirPlay 2スピーカー、スプリンクラー、蛇口を含む、新しいアクセサリタイプに対応
人の検知、時間、アクセサリに基づいた作動機能を拡張
QRコードおよびタップしてアクセサリをペアリングする設定に対応

「拡張現実(AR)」
App StoreのAppが使用可能なAR技術により、現実の風景上に仮想的なコンテンツを重ねて、インタラクティブなゲーム、夢中になるようなショッピング体験、工業デザインなどを開発可能

「機械学習」
App StoreのAppが使用可能な機械学習技術により、高パフォーマンスおよびユーザのプライバシー保護のために、デバイス上で処理された機械学習データを用いたインテリジェント機能を提供することが可能

「その他の機能および改善」
コントロールセンターのデザインが変わり、すべてのコントロールを1つのページに収めることが可能
アクセシビリティ、アクセスガイド、拡大鏡、テキストサイズ、画面収録、Walletを含む、コントロールセンター用のカスタムコントロール
Apple Musicで友達とミュージックを見つけられます。 プロフィールを作成して、友達とプレイリストやよく聴くミュージックを共有可能
Apple Newsに、あなた向けにカスタマイズされたTop Stories、Siriからの提案、“Today”に表示される今日のベストビデオ、エディターが選んだ重要な記事が表示される新しい“Spotlight”タブなどの機能が追加
“クイックスタート”の自動設定機能により、Apple IDを使用してiCloud、キーチェーン、iTunes、App Store、iMessage、FaceTimeにサインインが可能
“クイックスタート”の自動設定機能により、言語、地域、ネットワーク、キーボード、利用頻度の高い場所、Siriへの話しかけ方、ホームおよびヘルスケアデータを含む、デバイス設定を復元可能
Wi-Fiネットワークへのアクセスを簡単に共有可能
ストレージ最適化の通知、および、“設定”で“写真”や“メッセージ”などAppの使用容量を減らすことが可能
緊急SOS機能により、現在地の位置情報に基づいて救急サービスに通話し、また、緊急連絡先へ自動的に通知を送信、現在地の位置情報を共有、およびメディカルIDを表示することが可能
FaceTimeで、相手のMacまたはiPhoneのカメラからLive Photosを撮影することが可能
SpotlightおよびSafariで簡単にフライト状況を確認可能
Safariで辞書引き、単位換算、計算に対応
ロシア語-英語の二言語辞典を追加
ポルトガル語-英語の二言語辞典を追加
新しいアラビア語のシステムフォントに対応

「アクセシビリティ」
VoiceOverがイメージの説明に対応
VoiceOverがPDFの表とリストに対応
“Siriにタイプ入力”が基本的な検索クエリーに対応
ビデオの音声および点字キャプションに対応
Dynamic Type機能により、テキストおよびAppのUIの文字サイズを大きくすることが可能
“色を反転”を再設計し、メディアコンテンツの見やすさを改善
“選択項目の読み上げ”および“画面の読み上げ”での強調表示色の改善
スイッチコントロールのタイプ入力で、単語全体を一度にスキャンおよびタイプ可能

iOS 11は64ビットApp用にパフォーマンスが最適化されています。32ビットAppをこのバージョンのiOSで動作させるにはデベロッパによるアップデートが必要になります。

尚、macOS High Sierra のアップデータは9月26日配信(日本時間9月27日午前2時)予定です。

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, Mac, macOS, OS X, PC, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です